Coal ash石炭灰について

Process生産工程

石炭火力発電所のユニットは2021年10月現在で、全国各地に69基設置されており、その発電総出力は3,917万kWとなっています。2019年度の石炭灰発生量は年間854万トンでした。
石炭火力発電所では、微粉砕した石炭をボイラ内で燃焼させ、そのエネルギーを電気に変えていますが、この燃焼により溶融状態になった灰の粒子は、高温の燃焼ガス中を浮遊し、ボイラ出口で温度が低下することに伴い、球形微細粒子となって電気集じん器に捕集されます。これを一般にフライアッシュと呼んでいます。
このフライアッシュは、サイロに乾燥状態で貯蔵され、用途に応じて更に調合または分級器で粒度調整等を行い、製品別サイロに貯蔵します。 クリンカアッシュは、ボイラ内で燃焼によって生じた石炭灰の粒子が相互に凝集し、多孔質な塊となってボイラ底部のクリンカホッパ(水槽)に落下堆積したものを破砕機で砂状に砕いた物です。これを脱水槽等で脱水したあと、用途に応じてふるい機等で粒度調整を行います。なお、クリンカホッパの型式には、このような湿式タイプがほとんどですが、水槽を用いない乾式タイプのものもあります。

フライアッシュ・クリンカアッシュのできるまで

フライアッシュ・クリンカアッシュのできるまで

Type種類

フライアッシュ電子顕微鏡写真

フライアッシュ電子顕微鏡写真(1,500倍)

フライアッシュについて

フライアッシュは微細粒子であり、これを電子顕微鏡で見ると球形をしています。
このため、フライアッシュを用いると、コンクリートやモルタルの施工時の流動性が増大するので、この性質を活用して土木・建築分野で利用されています。

フライアッシュの品質と性能

フライアッシュの品質と性能

石炭火力発電所の信頼性の高い機械設備と適正な燃焼管理により、品質の安定した石炭灰が生産されます。

フライアッシュの化学・物理的性質

フライアッシュの化学・物理的性質

石炭火力発電所では、微粉砕した石炭をボイラ内で燃焼させ、電気集塵器に捕集された石炭灰をフライアッシュといいます。

フライアッシュコンクリートの特長

フライアッシュコンクリートの特長

コンクリートにフライアッシュを使用すると、「長期強度の増進」「乾燥収縮や水和熱等の減少」「水密性の向上」等、多くの有利性を発揮します。

クリンカアッシュ電子顕微鏡写真

クリンカアッシュ電子顕微鏡写真(300倍)

クリンカアッシュについて

クリンカアッシュの粒子は、ほとんど細礫と粗砂であり、砂に近い粒度分布になっています。
電子顕微鏡で見ると径0.2~20 μm位の小さな孔隙が多数あいています。
このため、排水性、通気性がよく、保水性に優れていることから、その特長を活かして幅広く利用されています。

Contactお問い合わせ

石炭灰についてのお問い合わせならびにご用命は、
長年の実績をもつ会員会社にご連絡ください

お問い合わせ